お買い物かご
ノルマンディーの田舎では、まだまだたくさんの野良猫や外飼いの猫がいます。散歩をしていると、毎日、少なくとも1頭は見かけます。(写真は、散歩中に過去、何回も見かけたことがある子達です。)ただし、シーズンであちこちで子猫を沢山見かける、というわけでもないので、地域の保護団体が管理していることが伺えます。畑の隅の漁師の小屋で子猫が歩いているのを目撃したぐらいです。   猫の外飼いに関して   ...
フランス人の約3割が1匹以上の犬を飼っている状況では、当然、公共の場で飼い犬は快く受け入れられています。しかし、排泄マナーに関しては、昔から大きな社会問題で、過去に迷惑だと考える違反行為の中で、交通ルール違反、不適切な廃棄物処理、破損、暴力に次いで5位にランクインしていました。世界中の犬の飼い主さんは、当然、我が子の排泄物始末を当然意識していると思いますが、フランスの現状はあまり好ましいものではありません。当然田舎に行けば行くほど、その ...
日本では犬の狂犬病ワクチン接種は義務とされていますが、猫に関しては特に義務化されていません。フランスでも、猫が海外から入国する際には狂犬病ワクチンを接種していることが必要ですが、国内で生まれ、国内で飼育する場合は接種義務がありません。しかし、日本とフランスでの大きな違いは、最近でもフランスでは猫や犬が感染していたケースが見つかっているという点です。 猫にもうつる狂犬病 そもそも狂犬病と言われても、日本ではあまり話題にならない ...
フランスでは、一般の方はどんな犬でも基本的には飼うことができます。しかし、「危険な犬」カテゴリーに分類された犬種に関しては、社会で共同生活をしていく上で、人や家畜に危険を及ぼす可能性があると判断されています。その犬種を飼育する場合は、飼い主として社会的に迷惑をかけず、飼育者として適性がある、と判断された場合にのみ所持許可証が発行され、飼育することができます。 「危険な」犬の種類 具体的にどんな犬が人間と共同生活していく中で「 ...
フランスでは人口の3割以上の人が猫を飼っており、その数は1,500万頭近く、犬よりも人気があります。多くの人はシェルターなどから保護された猫を飼いますが、ブリーダーさんから純血種を手に入れる方もいます。最近ではどんな純血種が人気であるかを探ってみたいと思います。 フランスの人気猫種 1996年に設立された ”FÉDÉRATION POUR LA GESTION DU LIVRE OFFICIEL DES ORIGINES F ...
3人に1人のフランス人は犬を飼っている! フランスでは、1881年に設立され、公益法人として認められた「フランスにおける犬種競争の向上のための 中央犬種協会 Société Centrale Canine(ソシエテ・サントラル・カニヌ)」という組織があります。 この協会の調べによると、最近では毎日散歩が必要な犬よりも、散歩が必要ない猫の方が人気がありますが、 84%のフランス人が犬に好意的で、33%が少なくとも1 ...
第10回目のWan!コラムは『不妊手術のすすめ』です😯💥   最近では、不妊手術を行うのが主流とした流れになってきていますが、やはり健康なうちの子に手術をするのは抵抗がある…💦 もちろんそれも自然な考え方ですよね。   ですが、ただ「かわいそうだから」という理由だけで手術を拒否するのではなく、するべき理由を学んだ上で、行うかどうか検討してみてください ...
第9回目のWan!コラムは『動物病院に連れて行こう‼️』です🏥🐕   動物病院に慣らすということは、将来なにかあった時、適切な治療や検査を行うためにも、とても大切なことです💊 また動物病院には、他のペットもいるので、飼い主様のマナーも必要な場所です。     📌マナーを守ろう   リードは短く持 ...
第8回目のWan!コラムは『お散歩にいこう‼️』です🌞   ワクチンが一通り終了したら、いよいよワクワク・ドキドキのお散歩デビュー🎶 外の世界は初めて見るものや他人や他動物、車などの刺激や、危険もあります⚡️ 拾い食いなどの問題行動も起きないよう注意が必要です。 安全で楽しいお散歩ができるようトレーニングしていきましょう ...
第7回目のWan!コラムは『予防をしよう‼️』です💨   ワンちゃんには、生涯を通して予防しなければならない病気がいくつかあります。 ちょっとややこしいかもしれませんが、おうちの子のためにお勉強しましょう📝   📌混合ワクチン   ワクチンとは感染症を予防するために、その病原体を無毒化、弱毒化したものを身体に入れることで、 ...

疾患から探す

ブランドから選ぶ

観賞魚生体・用品

犬猫用品

小動物用品

サプリメント

読み物

PAGETOPへ